マイホームで最初に心配することとは一体何?

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は支払の事をどうするか。
という事だと思います。
多くの方は、銀行などから住宅ローン減税を申し込みすると思います。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払をする期間はとても長いので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険を掛けます。
この保険は、申請者に何かあった場合残りのローンの支払義務がなくなる。
という残された家族にもメリットがある保険です。
自分の家を持つ。
という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。
ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。
そこで、現金ですぐに支払いができる。
という事は、かなり難しいです。
それでは、住宅ローン減税を組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋任せにしても良いと思います。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローン減税の金利は大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
住宅ローン減税を組むためにはまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

住宅ローンアドバイザーに相談するには?申し込み方法!【メリットは?】