行政書士と宅建をダブルで受ける人も多いそうです

行政書士の資格というと難関で勉強が大変というイメージがありますが、この行政書士と宅建をダブルで受験するという方法もあるんです。
難しい資格を2つ一気に受験なんて合格するわけないのではと思いますよね。
でも、行政書士で習うことの中には都市計画法や、宅地造成、農地関係などと宅建にも共通することがあるんです。
土地や不動産、建築関連も行政書士の中で学ぶんです。
そこで、宅建と同時に取得を狙ってみようという人が増えているんです。
こういった人は早々に独立や開業を考えている人が多いと聞きます。
1年に1度しか実施されない行政書士と宅建の資格を同じ年に取れてしまうと、将来設計もしやすくなりますよね。
ただ、勉強量は多くなるので、はやめに始めておくにこしたことはありません。