ガソリン代をなんとか安くするなら?

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はちゃんと管理できていますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を走らない時のカードの管理を皆さんはどうしていますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

挿しっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には様々なトラブルが発生しているようでカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速を利用するときに便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレジットカードは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため支払額に応じての通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

車に乗る方は持っていると便利な年会費無料のETCカードを作っていますか?現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレジットカードを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですがサブクレカを申し込む時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレジットカードを申し込もうとしている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が高めに設定されている楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

皆さんは高速道路を走行する時に年会費無料のETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのクレジットカード会社に追加で発行してもらうか新規でクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後に利用料金を確認しようとETC利用照会サービスを使おうと思ったら事前準備が必要になります。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号などETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

年会費無料のETCカードを発行するにはクレジットカードを発行する必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

参考:百均おすすめ キッチン

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

その理由は、カードの利用規約に載っている本人以外の利用の禁止という項目があるからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレカ会社から発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプでは新規申込時に同時申請できることやすでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?一般レーンで現金・クレジットカード払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットを受けられるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは夜間割引などの料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で料金の差が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は普通車の料金が約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

個人事業主の場合、経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して・・・というのはかなり面倒そうです。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

高速道路料金支払い時に使っているETCカードの場合はどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。