FPに無料相談したら保険に入らないといけないのですか?

世に数ある保険無料相談会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

評価を左右する重要点としては、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案できる商品が豊富にあるかどうか、それから一番重要なのはFPさんについてでしょう。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、全てを任せても安心なFPさんと今後のライフスタイルについて話し合っていきましょう。

自宅で保険についての話合ができたら便利ですが、一方で満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートが用意されているところがほとんどです。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことを伝えておくというのもひとつの方法です。

その提案に自信があるFPさんなら即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

高圧的な物言いなどでこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、その後の対応も心配ですので大事なことをお任せするのは考えものです。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、家族などにも面談に参加してもらいましょう。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

店舗を構えていたり、FPさんが来てくれたりとさまざまですが、会社により特典が付くところもあったりします。

何をもらえるかというと、商品券が多いようです。

数千円ほどのところが多いようですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、嘘みたいにお得なお話ですよね。

引用:FP無料相談で住宅ローンを見直すべし!【借り換える方がお得になる?】

保険は家に次いで多額の出費になると言われています。

それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

考えられるトラブルについては事前に把握し、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして納得できる提案がないままうやむやに決断させようとしてくるようなパターンです。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

普通なら担当FPさんを交代することも可能なので、調べておきましょう。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

選択を間違えたくないと考えるのは当然でしょう。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、そんな中で特典がもらえるところもあったりします。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

金額的には数千円ほどですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。

プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、こんなにお得な話はないですよね。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときにどの支出を節約しましょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

いわゆる格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

どうして無料なのに続けられているのかわからないサービスがあります。

無料と謳っているのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

これはFPが提案した保険に相談者が加入することによって保険会社から手数料がサービス会社に入るという形です。

契約が発生しないとサービス会社には収益が発生しないので、相談者に対して無理な保障を案内することはほとんどないと考えていいはずです。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を見直しをしてもらえたという話も多いです。

ネット等から評判を集めるのも、良い保険無料相談会社の選び方のひとつです。

特に各々の会社で会えたFPさんの実力や感じた印象などについて、重点的に調べてみると良いと思います。

提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われています。

こちらにどんな希望があるかも汲んでくれるので、生活レベルに合った提案をしてくれるのはもちろんですが、場合によっては驚きの提案だけど納得!なんてこともあるそうです。

FPさんが良いかどうかが会社選びの最重要ポイントですから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、ここだ!というところを決められると良いですね。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。

そのため、商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

費用が0円の保険相談を利用する際には、本当ならば判断はこちらに委ねられているわけですが、FPさんにとてもお世話になったりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

今後の人生設計の問題でもあるので、即決できるほど簡単なものではないと思います。

断り方としては例えば、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

それでもしつこいようならその会社のサポートに連絡しましょう。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特に携帯電話業界では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえる販促活動を禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

押しの強いFPさんに当たってしまうと、納得できない契約をしてしまうことも考えられます。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断りにくいように話の方向を持っていくような人では、その後の対応についても不安が残るのであまりおすすめすることはできません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

皆さんの周りの人で、人から何かを勧められると断りづらいと感じてしまう人はいませんか。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活状況に合わない保障内容になっているなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

ちょっとインターネット検索をするだけでも、たくさんの保険無料相談請負会社が見つかります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

気になったので内容を調べてみますと、嬉しい現金や商品券、ギフト券などがもらえるのだそうです。

金額的にはばらばらでしたが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。

数社と面談をして提案されたプランを比べることもあるでしょうし、こういったことを会社選びの参考にすれば手続等のわずらわしさもどこかへ飛んでいきそうです。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、想像よりずっと簡単ではないと思います。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

いろいろな視点で作られたものなので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

世間に広く知られているような会社でも場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

テレビでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法が不明な部分もあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について調べてみました。

基本的な流れとしてはネット上の申し込みフォーム等で相談日の予約をし、落ち着いて話せる自宅やカフェなどの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

当日、担当者に会ってからは、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、ライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。