カードローン審査甘いというのは嘘?すぐに借りれるって本当?

わりと簡単に借入可能と言われているのが審査の甘いカードローンですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルがカードローンより高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは審査の甘いカードローン業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまったカードローン業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合審査の甘いカードローンの方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としているカードローンの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

最近のカードローン業界は法律改正効果やCM効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなのでカードローン業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

お金を工面する方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものとカードローンのものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、カードローンのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件でカードローンの方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、カードローンのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

カードローンのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

カードローンのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

審査の甘いカードローンのメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、カードローンは貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

カードローンは銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと審査の甘いカードローンやクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行とカードローンの金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、カードローンの金利の方が高いと言われています。

しかし、中にはカードローンよりも金利が高い銀行カードローンもありますからあながち審査の甘いカードローンのほうが高金利であるとは言い切れません。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でカードローンやクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

参照:http://www.cardloan-senyou.com/osusume/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB.html

これに対してカードローンというのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とカードローンの違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

審査の甘いカードローンは貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは審査の甘いカードローンに借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

とはいえカードローンの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

カードローンのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

審査の甘いカードローンと言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容にして、審査の甘いカードローンのイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

カードローンというと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料がタダというカードローンも多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

審査の甘いカードローンにはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

現在のカードローンのイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。